脊柱管狭窄症の痺れで手術しかないといわれどうすればよいのかわからないあなたへ。

昨日の日曜日は午前にイレギュラーで2名施術させていただいて、妻と大好きな芦屋のイタリアンレストランでランチしてきました。

 

ここのパスタは本当に最高!!
小麦はあんまり摂っちゃダメってわかっていながらついつい...
昨日は絶品タコのラグーソースパスタをいただいちゃいました♪

 

あぁお昼に呑むビールってなんでこんなに美味いんだろう〜

13339689_1038434426247813_462237581129497707_n

 

 

こんにちは^^

「芦屋きずな整体サロン」、院長表です。

 

こちらホームページでは初のブログとなります。そんな記念すべき第1回目のブログのテーマは

 

「脊柱管狭窄症の痺れで手術しかないといわれどうすればよいのかわからないあなたへ。」

 

 

先月末から施術をさせてもらっているKさんの初診時の症状は脊柱管狭窄症による足首の痺れ、足の裏の灼熱感、歩行時の股関節の痛みでした。

 

 

病院でMRIを撮った結果、腰椎の4番、5番の間がかなり狭くなっていて、お医者さんからは

 

「手術しかありません。」

 

といわれたそうです。

 

 

初めて当院への問い合わせの電話をいただいた時もご主人は

 

「素人の私が見てもあきらかに狭くなって潰れているような感じで、これは整体ではどうにもならないと思うのだけど。」

 

と半ば諦めた感じでの問い合わせでした^^

 

そういうケースで症状が改善した例はたくさんありますよ!と伝えてもご主人は半信半疑(^^:
この時は予約を取らずにお話だけでしたね。

 

それでも再び電話をかけてきてもらい、本当に藁にもすがる思いでご来院いただきました。

 

さてその結果はどうなったでしょうか〜♪

ではKさんの「お客さんさんの声」をさっそくご覧ください。

手術しかないと言われた脊柱管狭窄症のしびれから救われました!

川上様 兵庫県在住 女性

◆具体的な症状:

脊柱管狭窄症

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

「この歳で手術はしたくない」

とすがる想いで整体に来られた川上さん。

症状は脊柱管狭窄症

病院でMRIをとると手術以外に方法はないと言われショックを受けていた。

痛み、足首のしびれ、足にアイロンを当てているような熱感が辛かった…

辛い症状で悩んでる方へのメッセージを動画で語ってくださいました。

 

詳しくは動画をご覧ください。※音量にはご注意ください。

いかがでしたでしょうか?

 

ご本人の口からもあったように回復には手術しかないといわれ、動揺するぐらいショックを受けられていたし、日々の生活の中でも夕方になると痺れと灼熱感で本当に憂鬱だったそう。

 

先月の末から2週間で4回の施術を受けていただき、5回目でこちらの動画にご協力いただけました。

 

当院ではマッサージや電気などの治療は一切おこないません。

 

このKさんの場合も腰や首に適切な刺激を慎重におくり、カラダのねじれやゆがみを調整し、血液などを含めてた体液の循環を改善させました。

 

 

調整法もちょっと独特なので大概のお客さんさんの顔には?マークがついてるし、

 

「えっ?こんな触ってるぐらいの感じでいいんですか?」

 

って聞かれます。笑

 

それでも結果はKさんが語ってくれたとおり。

あと1、2回来院いただいて、症状が出なければサクッと卒業してもらえるな^^

 

もし、あなたが「手術しかない」といわれて不安と絶望を感じているなら少し勇気をだして当院に連絡をしてほしい。

 

きっとチカラになれるから。

 

感謝!!

症状について詳しくはこちら

脊柱管狭窄症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加